いつ guess するか
  • 1位と2位の一致した色の数の差が2より大きくなったとき
  • 9秒以上経ったとき
  • 1位が10回以上単独首位になったとき


どこを look するか

単独首位がいるとき

  • 1位と2位の一致した色の数の差を大きく出来そうな所(2位グループと一致した色の数が最も少ない所)


それ以外

  • 1位グループをどれだけ散けさせられるかをエントロピー(分類のランダムフォレストなどで出てくるもの)で評価した(エントロピーが大きい方が良い)。
  • 各場所の評価を次のように計算する。1位グループからその場所(4ヶ所)の期待される色を求める。色が反転する確率を0.2として、
     16通りの(期待される色から変化する確率*エントロピー)の和
    を各場所の評価とする。
  • breadth first search で近い方から見ていって、評価が0より大きくなった距離以下で最大の所を look する。